新着情報

☆新型コロナウィルスの予防法☆
2020/02/29
現在、猛威を奮っている新型コロナウィルス
死者や重傷者も多くでており、インターネットなどの普及により
様々な情報が飛び交っています。
その中で不安や恐怖を感じてる方が多いのではないでしょうか?

私たち刮痧国際協会は、日頃よりみなさんの健康維持・増進や
未病の予防に役立つための養生法などを中国などの信頼できる
機関と連携を図りながらご提案しています。

今回の騒動でも世の中ではたくさんの情報が飛び交っており、
受け取る私たちの方で真偽を判断する必要があります。

その中で、非常に信頼度が高い天津中医薬大学校長 
張伯礼先生の『新型コロナウィルス診療マニュアル』を
読み解き、張先生曰く、「新型コロナウィルスは中医学では
「疫癘(えきれい)」の一種に分類され、今回の特徴としては
「寒湿挟燥(かんしつきょうそう)」になると考えられます。」
と言われております。

そこで当協会でできる『新型コロナウィルス予防法』を
お伝えいたします。

『新型コロナウィルス診療マニュアル』 については
こちらを参照→ https://jtcma.org/international/2683?
from=groupmessage&isappinstalled=0&fbclid=IwAR1zUYDnb3LSlIE
VoFvTkuKXRHrHBrChTmYxzKYypguoquaQqzRXgLkd_to

予防のキーワードは、『温経散寒』と『健脾除湿』
『温経散寒』は、身体を温めて冷えを出す
『健脾除湿』は、胃腸を整えて、身体の余分な水分(内湿)を出す

漢方理論では、香りの強い生薬は健脾除湿の効果があることから
【芳香化湿薬】と呼ばれています。
漢方アロマオイルはまさに全てにおいて【芳香化湿効果】
のあるものとなります。
特に砂仁(しゃにん)・陳皮(ちんぴ)・薄荷(はっか)・
辛夷(しんい)・荊芥(けいがい)などが最も強い成分に
なります。

そこで当協会でできる『新型コロナウィルス予防法』を
お伝えします。

●漢方オイルを塗る:自己免疫を高める

1.体力のある方
      脈10滴に開・理・軽各5滴をブレンドして
      胸とお腹に塗布する。

2.体力のない方
      脈10滴に三伏・采・振・軽を各5滴をブレンドして
      胸とお腹に塗布する。   

3.寒気がする、熱っぽい
      三伏10滴、開・理・軽・暢楽各5滴をブレンドして
      胸と背中に塗布する。

漢方アロマオイルの詳細は
こちらに→ 【塗る漢方】
https://kanpoaroma-shinki.com/product_shinki/

●漢方スプレーを噴霧:空気や顔周りの殺菌作用
感染症予防対策スプレーの作り方は
当協会ホームページの新着情報・お知らせの
☆感染症予防対策スプレーの作り方☆をご覧ください。


●漢方アロママスク:呼吸器を守る
 マスクに直接、または挟んだガーゼに
 開 2滴・ 理 2滴を垂らす

 ※注意事項として、香りを敏感に感じるまたは強く感じる方は
 1分位置いて少し香りを飛ばしてから使用してください。

⭐︎漢方オイルの買い方
 会員:協会HPの会員ページより

 一般:https://guasha-forsythia.ocnk.net/product-list/13

●カッピング
 ツボの気海・中脘・足三里の周辺へカッピングを施す

●お灸
 ツボの気海・中脘・足三里へお灸をすえる

●お酢
 お酢を鍋で火にかけて、空気を浄化する

以上ご紹介したのは、
体の外からアプローチする予防法で『外治法』と言います。

以下ご紹介するのは、薬膳茶や薬膳粥を摂って、直接体内から
アプローチする『食養生』となります。
免疫力アップ、体質改善に高い効果が期待できます。

●薬膳茶を使った予防法
 1黒糖生姜大棗茶
 2紫蘇陳皮菊花茶

●薬膳粥を使ったの予防法
 1痰湿に適したお粥
 2気虚に適したお粥


◉薬膳茶と薬膳粥の詳細は次回投稿より随時ご紹介いたします。

次回は薬膳茶を使った予防法として【黒糖生姜大棗茶の作り方】をご紹介いたします。